上洛 ~3日目~ ②

②です。

最初から読みたい人はこちらから

お茶屋さんの後は、「鳩居堂」へ。
1663年創業のお香や書画用品のお店。
御線香買いました。

で、また観光です。
下鴨神社
b0196467_22312417.jpg


境内に「糺の森」を抱える世界遺産の神社です。
(天候が良くなく、糺の森まではいきませんでした)
この近くの「加茂みたらし団子」を頂いて、時間を考えまたも河原町方面へ。
「SOUSOU」という和モダン小物の店を覗き、京都駅ビルでお土産を探します。

…でお土産買ってしまった後に気付きました…


……バッグに入らん…

仕方ない、このまま伊丹まで行こう!空港に着いてから考えよう!!
無計画ですな。

空港に着いて何かないかと物色してたら…ありました!
見覚えありませんか?ビニールの土嚢袋みたいな奴に、車輪が着いてるバッグ。

ええ…買いましたよ……1000円もしたのに…
んで無事に熊本に帰りましたとさ。

終わり

(京都ネタに飽きてきたので無理やり終わらせる)
[PR]
# by zenrinzi | 2011-06-07 22:41

上洛 ~3日目~①

更新が遅くなってしまいましたが、3日目です。

最初から読みたい人はこちらから

今回は2泊3日での上洛だったので、最終日のレポートです。
そうそう忘れてましたが、今回は都合で行けなくなった新婚旅行の代わりなんです。
(本当ならトルコに逝く予定でした)

そういうことは良いんです。
とりあえずレ・ポートです。
(レとポの間に「・」を入れると突然フランス語に!フシギ!!)

ちょっと朝早くおきまして、朝御飯です。ホテルのチケットも有るんですが、これまたどうしても行きたい場所が。

新京極にある「喫茶店」です。
その名もスマート珈琲店
b0196467_0214237.jpg


ここでモーニングしたかったんです。
頼んだのはこれ。
b0196467_022447.jpg


このお店のフレンチトーストが美味いんです。
昭和7年から続く、老舗の喫茶店。素敵です。

朝御飯を食べてゆっくりしていたら、お店が開く時間になったので、買い物へ。
…と行きたいところですが、せっかく新京極にいるのでこんな所へ。
b0196467_02854.jpg


かの有名な本能寺。新京極のの真ん中?にあります。
信長好きの私としては是非見ておかなければ!でした。

いよいよ買い物です。
まず足を運んだのはここ。
「村上開新堂」
b0196467_0313894.jpg



創業明治37年という老舗の洋菓子店。
ここのロシアンクッキーが絶品なのですが、普通は「完全予約品!」
…さすが京都、高飛車ですね。
この日はタイミングよく商品があったので、お買い上げです。
b0196467_0464856.jpg


b0196467_0472487.jpg


(帰ってから食べましたが、素朴だけれども非常に美味しい!)

そのまま近くのお茶屋さんへ。
「柳桜園茶舗」のかりがねほうじ茶「香悦」と「金」を購入。
「かりがね」とは茶っぱの茎の部分で、普通は使わないんですが、そこは茶道の家元も御贔屓の老舗。
これ飲んでから、他のほうじ茶が美味しくなくなってしまいました…
(しかも写真撮ってないので、気になる人はググレ)

ちょっと疲れてるので明日以降に続く。
[PR]
# by zenrinzi | 2011-06-07 00:50

上洛 ~2日目~ ③

さて、③です。
最初から読みたい人はこちらから

水路閣を見終わった後は、そのまま哲学の道を上がります。
と、その前に。
b0196467_2041254.jpg


「永観堂」

禅林寺(ぜんりんじ)は、京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。山号を聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)、院号を無量寿院と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は、空海の高弟の真紹僧都である。当寺は紅葉の名所として知られ、古くより「秋はもみじの永観堂」といわれる。また、京都に3箇所あった勧学院(学問研究所)の一つでもあり、古くから学問(論義)が盛んである。
~wiki参照~

門の前までで、中には参拝していませんが…
で、哲学の道に入ります。
b0196467_2072275.jpg


哲学の道(てつがくのみち)は京都市左京区にある小道である。
南禅寺付近から慈照寺(銀閣寺)まで、琵琶湖疏水の両岸に植えられた桜はみごとで、春や紅葉の秋は多くの観光客でにぎわう。
哲学者・西田幾多郎がこの道を散策しながら思索にふけったことからこの名がついたと言われる。「思索の小径」と呼ばれていたものが、いつしか「哲学の道」と呼ばれるようになったとされており、1972年に正式な名称となった。日本の道100選にも選ばれている散歩道である。
道の中ほどの法然院近くには、西田が詠んだ歌「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」の石碑がある。
~wiki参照~

このまま歩くと有名な銀閣寺につながります。

…が、途中で左に折れて別の場所に向かいます。
b0196467_2012332.jpg


真如堂です。
自分の中で、今回の旅のハイライトでがす。
実は私「鬼平犯科帳」が大好きなんですよ。
小説から始まり、TV・漫画とどれも目を通しています。
その「鬼平犯科帳」のTVの中でよく登場する場所が、この「真如堂」なんです!(*゚∀゚)=3ハァハァ
取り乱しました…
まあ、所謂「聖地探訪」ってやつですね。
「鬼平犯科帳」以外でも、某マツケンの将軍物語や、某仕事人なんかでも使われています。
b0196467_20232660.jpg


b0196467_202587.jpg


ここの中で中村吉衛門扮する「鬼平」こと長谷川平蔵宣以がモニョモニョしてたと妄想するだけで涎が…

…まあ涎は出ませんけど。
皆さん一度は目を通した方がいいですよ「鬼平犯科帳」

で、ここまで公共交通機関メインで後は徒歩が多かったので、相方が根を挙げましてね。
一旦ホテルに戻って、休憩して夕御飯を食べに行く事に成りました。

今回の夕食は京極かねよさん。

新京極の中心にある、創業100年を誇るうなぎ屋さんです。
ここの看板メニュー「きんし丼」がどうしても食べてみたかったんですよね。

「きんし丼」というのは、うな丼の上に京風出汁巻き卵を丼いっぱいに乗せたものです。
こんな感じ↓
b0196467_20391883.jpg


見た目はすごい重そうなんですが…大食漢の僕には少し足りないくらいでした。
味はと言うと…「美味い!(かしわ手)」
うなぎもきちんとしたものを使っているようですし、何より卵とうなぎのバランスが良い!(かしわ手)
ここも、次回行きたいお店になりました。

その後、河原町辺りを散歩しながら下がり、ホテルへ。
寝る前に喫煙所で撮った写真。
夜中の京都タワー。
b0196467_20462699.jpg


京劇エントランス。
b0196467_20472597.jpg


携帯のカメラも中々やるな…

3日目へ続くッ!
[PR]
# by zenrinzi | 2011-06-01 20:50

上洛 ~2日目~ ②

ということで、②のスタートです。
最初から読みたい人はこちらから

美味しいタルトタタンを頂いた後に行った所はここ。

南禅寺です。
b0196467_2264937.jpg


「南禅寺 (なんぜんじ)は、京都市左京区南禅寺福地町にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院である。山号は瑞龍山、寺号は詳しくは太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)である。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は亀山法皇、開山(初代住職)は無関普門(大明国師)。日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。」
~wiki参照~

三門が大きい!
どんどん見て行きます。
b0196467_2210722.jpg


b0196467_22111435.jpg


b0196467_2213546.jpg


法堂。
b0196467_22154622.jpg


瓦まで!
b0196467_22174347.jpg


禅宗のお寺らしい静寂感がありました。

次に行った場所はここ。

「水路閣」
b0196467_22244388.jpg


ここも有名ですね。
琵琶湖からの水を引く「琵琶湖疏水事業」の一環で建設された水路橋。
レンガ造の古い橋、萌えますね。
b0196467_22271232.jpg


b0196467_22285431.jpg


ここを訪れた人の大半が撮ったであろう構図。
b0196467_22303537.jpg


まるで無限回廊…
こんな建築物が現役の京都。
素晴らしいデス。
b0196467_2234259.jpg


改めて、日本人の物づくりの凄さを感じました。

疲れて来たので、今日はここまで。
③に続け!
[PR]
# by zenrinzi | 2011-05-30 22:36

上洛 ~2日目~ ①

京都旅行2日目です。

京都には家の関係で何度も行ってるのですが、東山付近をあまり廻っていないので、今回は東山方面を廻る事に決めていました。

まずは、朝一に行ったのがここ。

伏見稲荷大社
b0196467_2111586.jpg


千本鳥居と呼ばれる、たくさんの赤い鳥居がある所ですね。CMなんかにも使われています。
b0196467_21131846.jpg


楼門。修学旅行のハイシーズンという事もあり、学生が多いデス。
b0196467_2115326.jpg


お狐さん。参拝客を見つめています。
b0196467_21165567.jpg


もうすぐかな?
b0196467_21181263.jpg


着きました!
中に入ります…
b0196467_2121613.jpg


良い感じですねぇ。
なんというか…陳腐でありきたりですが「日本の美」を感じます。
それにここは空気が違いました。
なんというか…清浄というか…自分にあった場所のようです。居心地良かったデス。
最初は稲荷山の上まで登ろうと思ったんですが、相方の体調を考え次の場所へ。

b0196467_21254099.jpg


有名な平安神宮…

の鳥居を見ながら脇道へ。(平安神宮、何度も行ったので…)
ど~~~~しても行きたかったカフェがあるんです!!

 「ラ・ヴァチュール(La Voiture)」

というカフェなんですが、タルトタタン が世界的に有名なお店なんです。
お店はこんな感じ。
b0196467_21342426.jpg


『ラ・ヴァチュール』で提供されているケーキ類はタルトタタンとくるみのタルト、チョコケーキの3種類のみ。
タルトを作る方は、80歳を越えるご高齢のキュートなおばあちゃんですが、毎日4~6時間かけてこれらのタルトを作りるそうです。こちらのタルト・タタンは本場フランスでも賞を獲られているそうです。
(写真撮り忘れましたが、メダル類が結構ありました)
では食べてみましょう!
b0196467_21403523.jpg


写真撮影、失敗ですね…おいしそうに見えません……が!
これ、本当に美味しい!!!初めてこんな美味しいタルトタタンを食べたかもです。
また京都に行く時は絶対に又来ますね、ここ。
(ちなみに、クルミのタルトをテイクアウトしたのですが…、これがまた絶品!!私はこちらの方が好みでした)
テイクアウト用の容器がまたイケてる!

b0196467_2150495.jpg


ラ・ヴァチュール(La Voiture)
京都市左京区聖護院円頓美町
京阪丸太町駅より東へ徒歩15分。
京都市バス熊野神社前より徒歩5分。
11:00~17:00まで。月曜定休。
タルトタタン/600円・クルミのタルト/450円
※タルトはテイクアウト可能。

さて、非常に充実した午前のティータイムを終えて次の場所へ出発です!

色々廻ったので、②に続くッ!
[PR]
# by zenrinzi | 2011-05-30 21:55


日々をのらりくらりと綴る日常です。(あくまで主観的)


by zenrinzi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日常
クルマいじり
仏教・保育
外遊び・車遊び
モノ
音楽
未分類

最新の記事

近況
at 2012-11-11 23:37
九重へ。
at 2012-05-03 16:25
にへら。
at 2012-01-21 23:21
なぜ山に登るかって?
at 2011-12-24 23:04
初公開!
at 2011-11-14 20:23

以前の記事

2012年 11月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 08月

フォロー中のブログ

Haikaratai

エキサイト以外のリンク

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧