<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

〇防旅行

久し振りの投稿です。

先日25日~26日にかけて、地元の某団体の旅行に行ってきました。
(私、会計なので絶対参加…)

場所は大阪……全く興味無しの街です。
正直、いいイメージないです。
最初からネガチブな発言ですねw

しかし!行くと決まったからには、楽しむべし!!

こうなったら、大阪のいいとこ探してやる!
そんな意気込みで、伊丹に到着。



………ねぇ、なんで?なんで、空港に一時間もいるの??
…動きましょうよ…ねぇ…

結局空港に一時間半程滞在後、動き出すことに。
(この時点で、私は京都に行くつもりでした…が、断念)
現在午前10時半過ぎ、チェックインは無理だし、観光しに行きますか?

「ホテルに行く!!荷物が置きたい!」

…マジすか。
仕方がないのでホテルへ、今回は某団体での旅行という事もあり、チサンホテルですって。
到着後、自由行動です。
夕方まで心斎橋辺りで時間をつぶし、前泊組と某所で待ち合わせ。

b0196467_23124492.jpg



NGK 「なんば花月」です。
御笑いにさして興味がない自分、近くの映画館で映画見ますと発言したら怒られました。

で、吉本新喜劇を見る事に。
見終わって、夕食。ホテルの近くのお好み焼き屋兼居酒屋に。
店員さん、九州人の飲みっぷりに呆れてました。

飲み会後、唯一楽しみにしてた「飛田新地」見学へ。
所謂、ちょんの間系の遊郭街です。
アンダーグラウンドな匂いがぷんぷんです!素敵!
一回りして、あいりん地区~西成へ。
ヤバイ!危険なにおいが濃すぎる!一歩道間違えたら熊本へ帰れない感じ…
楽しいわ~。
(ここら辺は日本のスラムと呼ばれていて、歩き方間違えると本当に危険!大阪行っても、足を運んだらダメ!絶対)
写真は撮ってません、いや撮れません。
見つかったら怖いお兄さん達に連れて行かれるのを覚悟ですから…
(ここら辺の情報は、ググって下さい。たくさんヒットします)

非常にスリルに満ちた夜を過ごし就寝。
次の日は、朝から神戸三宮へ。
b0196467_2324198.jpg


ついて昼食、南京町です。
b0196467_23251218.jpg


真ん中のお兄さんのキメ顔が気になりますね。
ここで、食べ歩きでも…と思ったんですが、時間が無くお店で食べました。

で、西宮へ移動。

西宮でお気づきの方もいるかもしれません。

そう!
b0196467_232931.jpg


」です!
真ん中のヘルメットの御仁が気になりますね。
b0196467_23314384.jpg


しかもこの日は「巨人・阪神戦」!
良くとれましたね、チケット。
b0196467_23342098.jpg


御覧の通り超満員!
凄いね、巨人・阪神戦w

しかし、一回表から雨が降り始めた為撤退。
阪神ファンの観察に以降です。
(なぜなら、プロ野球にあまり興味がないから)
阪神ファンおもしれーと思いつつ、外へ。
…一回表しか見てないですが?

んで、空港でお土産買って帰りましたとさ。

ぶっちゃけ、もう行かなくて良いや、大阪。

それでは。
[PR]
by zenrinzi | 2011-06-30 23:39

オリオリオリ・オーッ!

前略、こちら熊本では雨が続きに続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。
(あれ?なんかデジャブ…)

アテクシ、保育園では学童担当なんですが、良く「オリガミ」を作ってくれとせがまれます。
基本的には、「自分で出来るとこまでやれ~い!」というスパルタなんですが、たまに最初からつくってあげる事もあるんですね。

そのおかげで、折り紙が半分趣味みたいになってしまいました。
で、最近のリクエストがこれ。
b0196467_06439.jpg


「タランチュラ」
…また、しぶいとこついてくるね…

「タランチュラ」
タランチュラ(tarantula、英語発音: /təˈræntʃulə/)とは、ヨーロッパの伝説に登場する毒グモである。

語源はイタリアの港町、タラントであるとされる。その地方には毒グモの伝説があり、それに噛まれるとタランティズムという病を発症するといわれた。タランティズムの患者は死なないためには、タランテラという踊りを踊ればいいという伝承がある。南イタリアでは、16世紀と17世紀にタランティズムがしばしば報告された。

伝説のクモは、この地方に産する大型のコモリグモの1種タランチュラコモリグモ( Lycosa tarantula)であるとされた。タランチュラコモリグモは、雌が体長約27 mm、雄が体長約19 mmとコモリグモの中では大型であるが、実際には毒は恐ろしいものではない。同じ地域には人間にも危険な猛毒のジュウサンボシゴケグモ(Latrodectus tredecimguttatus)が生息しており、全長が約1cmのジュウサンボシゴケグモよりも、より大きなタランチュラコモリグモの方が目に付きやすいため、誤解が広まったようである。ジャン・アンリ・ファーブルは近縁のナルボンヌコモリグモ(L. narbonensis Walckenaer)の毒の強さを調べるためにひよこを噛ませたところ、死んでしまったと記録しているが、直接に毒で死んだと言うより、足が動かなくなり、餌が食べられなくなったのが原因だろうと言われている。かつてはコモリグモ科はこの伝説のためにドクグモ科と呼ばれていたが、クモの中でも特に毒性が強いわけではなく、母グモは子グモを腹部の上にのせて守る習性があるため、コモリグモ科と名前が変わった経過がある。

タランチュラの伝承を知るヨーロッパ人が新大陸に渡ってから、恐ろしい姿の大きなクモを見るとタランチュラと呼んだ。当初はアシダカグモ類もその名で呼ばれることがあったようだが、次第にオオツチグモ科のクモなどをタランチュラと呼ぶようになった。
~wiki参照~

基本的な作り方は「鶴」の発展系を二枚って感じ。

これが出来上がると、蜘蛛に見えるんですね。

ほら。
b0196467_0305855.jpg


b0196467_0314855.jpg


ね?蜘蛛に見えるでしょ?

見えないって人には、視力検査をおすすめしません。

これからもたまに折り紙UPします。

ではでは。
[PR]
by zenrinzi | 2011-06-19 00:33 | 仏教・保育

ジメジメジ

前略、こちら熊本では雨が続きに続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

雨が続く日々ですね。
毎日ジメジメシテヤガリマス。
そんな時に気になるのが、靴の汚れやカビ!!
自分の部屋でごく稀に繁殖したりもしますが…靴のカビは非常に嫌ですよね!

てことで、本日は「自分の心が折れるまで靴の手入れをする日」にしました。
(まあ心が折れるのはあっという間ですがね…)

とりあえず、心が折れるまで頑張った靴達。
b0196467_2383048.jpg


これで半分。
(残り半分は写真なし)

まずは、久々に引っ張り出したこいつから。
b0196467_23132131.jpg


「ラッセルモカシン チャッカーブーツ」
もう十年以上の付き合いですが、何時の間にやら履かなくなって倉庫に入れっぱなしでした。
年を経て、又履こうと思いだしたのでお手入れ。(お手入れ前後でお送りしております)
今見るとやっぱりイケてますね。
でもなぜ一番人気の「スポーティングクレーチャッカー」では無く「チャッカー」を選んだのか…
まあ良いです。これから活躍させようと思います。(もうそろそろラッセルが似合う歳になって来たと思うので)

で次。
b0196467_23214897.jpg


「トリッカーズ モンキーブーツ×ポールスミス」 右側。
この靴も付き合い長いです。今や自分の足になじみ過ぎてます。
でもなぜ一番人気の「カントリー」では無く「モンキー」を選んだのか…
まあ良いです。これからも活躍して下さい。

まあそんなこんなで
b0196467_23281926.jpg


b0196467_23285038.jpg



「Dannerマウンテンリッジ」「PatricCox:Wannabe」(懐かしい!!)やらを着々と掃除して、最後においでなすったのがこれ↓
b0196467_2342880.jpg


「ニューバランスCM999」
非常に汚れています。ナゼナラ!俺はトラトラトラよりデンジャー!(ry
…すいません。あまりの汚れっぷりに、途中でブッダブランドになってしまいました。
履き心地がよく、ランクルで遊ぶ時に良く履いていた為、この様な無残な姿に…
でもなぜ「1500」や「996」では無く「999」を…もういいですかね、これ。

こいつをとにかく洗います!スエード?知ったこっちゃねぇ!!スエード部分なんて全体の三割強位だし~。
(意外と多い)
洗ったらば干します!

きれいになった姿はいずれUPです。

【今日の成果】
きれいになった靴:10足以上
きれいにしなきゃいけない靴:10足以上
折れた心:プライスレス()笑 ←(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ ?

ではでは。
[PR]
by zenrinzi | 2011-06-18 23:59 | 日常

雨もやんだし

酷い豪雨も一旦おさまり、ちょっと前に近隣の街で逃亡したという不法入国者(ベトナム人)
も捕まったという事で、今日はJWalk&Runに行ってきましたYO!

今日のルートは、我が家から一番近所の「エブリワン」です。
分かる人は分かるでしょう。往復10㌔弱、行きは下り、帰りは上りです。

往復1時間15分位のペースでした。
時速にすると、8~9㌔位?わかんね。

基本的に2~3日毎にこのくらいのペースで歩いてるんですが、文頭にある通り
最近は夜に出歩けない状況でした。
天候にもよりますが、またJWalk&Runが続けられます。

なぜ歩くのかって?そこに道が(ry




……太ったからに決まってんだろ!

ではでは
[PR]
by zenrinzi | 2011-06-13 22:53 | 日常

トレッキングポール

この土日、熊本県全域で大雨でした。
そんな中、友人の結婚式の二次会に出席するために、熊本市内へ。

ちょっと早めに出て、平成にある「アウトドアーズ 峯夢」さんに行ってきました。
このお店、かなりハードコアな登山用品店のイメージがあったので、非常に入り辛い気がしてたんですが…

勇気を出して入りましょう!
(小心者の為、店内の写真はありません)

店内はまさにリアルハードコア!

「なぜ山に登るかって?そこに山があるからさ!」

この言葉が似合うお店でした。
……言い過ぎか?

でもですね、いざ買い物を始めると本当にきちんとした物を選んでくれます。
社長さんもなんだかとっつきにくい人に見えたんですが、非常に気さくな方でした。

今回はトレッキングポールを購入しました。物はこれ ↓
b0196467_18264834.jpg


「Black Diamond【ブラックダイヤモンド】 コントワー エリプティック カーボン」

色々試しましたが、これが一番しっくり来ました。
その後もザックの背負い方等、色々と教えて頂きました。
小倉社長、本当にありがとうございました!
(駐車場に車を止めて、3分間ほど入るかどうするか悩んだのは秘密だ)

その後、友人の二次会へ。
b0196467_18335173.jpg


プチ同窓会的な感じもあって、まともに写真を撮っていません。
Aつし、本当におめでとう!!

この後、3次会~4次会まで行って、帰ったのが4時過ぎだったのも内緒だ。

ではでは
[PR]
by zenrinzi | 2011-06-13 18:38 | モノ

上洛 ~3日目~ ②

②です。

最初から読みたい人はこちらから

お茶屋さんの後は、「鳩居堂」へ。
1663年創業のお香や書画用品のお店。
御線香買いました。

で、また観光です。
下鴨神社
b0196467_22312417.jpg


境内に「糺の森」を抱える世界遺産の神社です。
(天候が良くなく、糺の森まではいきませんでした)
この近くの「加茂みたらし団子」を頂いて、時間を考えまたも河原町方面へ。
「SOUSOU」という和モダン小物の店を覗き、京都駅ビルでお土産を探します。

…でお土産買ってしまった後に気付きました…


……バッグに入らん…

仕方ない、このまま伊丹まで行こう!空港に着いてから考えよう!!
無計画ですな。

空港に着いて何かないかと物色してたら…ありました!
見覚えありませんか?ビニールの土嚢袋みたいな奴に、車輪が着いてるバッグ。

ええ…買いましたよ……1000円もしたのに…
んで無事に熊本に帰りましたとさ。

終わり

(京都ネタに飽きてきたので無理やり終わらせる)
[PR]
by zenrinzi | 2011-06-07 22:41

上洛 ~3日目~①

更新が遅くなってしまいましたが、3日目です。

最初から読みたい人はこちらから

今回は2泊3日での上洛だったので、最終日のレポートです。
そうそう忘れてましたが、今回は都合で行けなくなった新婚旅行の代わりなんです。
(本当ならトルコに逝く予定でした)

そういうことは良いんです。
とりあえずレ・ポートです。
(レとポの間に「・」を入れると突然フランス語に!フシギ!!)

ちょっと朝早くおきまして、朝御飯です。ホテルのチケットも有るんですが、これまたどうしても行きたい場所が。

新京極にある「喫茶店」です。
その名もスマート珈琲店
b0196467_0214237.jpg


ここでモーニングしたかったんです。
頼んだのはこれ。
b0196467_022447.jpg


このお店のフレンチトーストが美味いんです。
昭和7年から続く、老舗の喫茶店。素敵です。

朝御飯を食べてゆっくりしていたら、お店が開く時間になったので、買い物へ。
…と行きたいところですが、せっかく新京極にいるのでこんな所へ。
b0196467_02854.jpg


かの有名な本能寺。新京極のの真ん中?にあります。
信長好きの私としては是非見ておかなければ!でした。

いよいよ買い物です。
まず足を運んだのはここ。
「村上開新堂」
b0196467_0313894.jpg



創業明治37年という老舗の洋菓子店。
ここのロシアンクッキーが絶品なのですが、普通は「完全予約品!」
…さすが京都、高飛車ですね。
この日はタイミングよく商品があったので、お買い上げです。
b0196467_0464856.jpg


b0196467_0472487.jpg


(帰ってから食べましたが、素朴だけれども非常に美味しい!)

そのまま近くのお茶屋さんへ。
「柳桜園茶舗」のかりがねほうじ茶「香悦」と「金」を購入。
「かりがね」とは茶っぱの茎の部分で、普通は使わないんですが、そこは茶道の家元も御贔屓の老舗。
これ飲んでから、他のほうじ茶が美味しくなくなってしまいました…
(しかも写真撮ってないので、気になる人はググレ)

ちょっと疲れてるので明日以降に続く。
[PR]
by zenrinzi | 2011-06-07 00:50

上洛 ~2日目~ ③

さて、③です。
最初から読みたい人はこちらから

水路閣を見終わった後は、そのまま哲学の道を上がります。
と、その前に。
b0196467_2041254.jpg


「永観堂」

禅林寺(ぜんりんじ)は、京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。山号を聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)、院号を無量寿院と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は、空海の高弟の真紹僧都である。当寺は紅葉の名所として知られ、古くより「秋はもみじの永観堂」といわれる。また、京都に3箇所あった勧学院(学問研究所)の一つでもあり、古くから学問(論義)が盛んである。
~wiki参照~

門の前までで、中には参拝していませんが…
で、哲学の道に入ります。
b0196467_2072275.jpg


哲学の道(てつがくのみち)は京都市左京区にある小道である。
南禅寺付近から慈照寺(銀閣寺)まで、琵琶湖疏水の両岸に植えられた桜はみごとで、春や紅葉の秋は多くの観光客でにぎわう。
哲学者・西田幾多郎がこの道を散策しながら思索にふけったことからこの名がついたと言われる。「思索の小径」と呼ばれていたものが、いつしか「哲学の道」と呼ばれるようになったとされており、1972年に正式な名称となった。日本の道100選にも選ばれている散歩道である。
道の中ほどの法然院近くには、西田が詠んだ歌「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」の石碑がある。
~wiki参照~

このまま歩くと有名な銀閣寺につながります。

…が、途中で左に折れて別の場所に向かいます。
b0196467_2012332.jpg


真如堂です。
自分の中で、今回の旅のハイライトでがす。
実は私「鬼平犯科帳」が大好きなんですよ。
小説から始まり、TV・漫画とどれも目を通しています。
その「鬼平犯科帳」のTVの中でよく登場する場所が、この「真如堂」なんです!(*゚∀゚)=3ハァハァ
取り乱しました…
まあ、所謂「聖地探訪」ってやつですね。
「鬼平犯科帳」以外でも、某マツケンの将軍物語や、某仕事人なんかでも使われています。
b0196467_20232660.jpg


b0196467_202587.jpg


ここの中で中村吉衛門扮する「鬼平」こと長谷川平蔵宣以がモニョモニョしてたと妄想するだけで涎が…

…まあ涎は出ませんけど。
皆さん一度は目を通した方がいいですよ「鬼平犯科帳」

で、ここまで公共交通機関メインで後は徒歩が多かったので、相方が根を挙げましてね。
一旦ホテルに戻って、休憩して夕御飯を食べに行く事に成りました。

今回の夕食は京極かねよさん。

新京極の中心にある、創業100年を誇るうなぎ屋さんです。
ここの看板メニュー「きんし丼」がどうしても食べてみたかったんですよね。

「きんし丼」というのは、うな丼の上に京風出汁巻き卵を丼いっぱいに乗せたものです。
こんな感じ↓
b0196467_20391883.jpg


見た目はすごい重そうなんですが…大食漢の僕には少し足りないくらいでした。
味はと言うと…「美味い!(かしわ手)」
うなぎもきちんとしたものを使っているようですし、何より卵とうなぎのバランスが良い!(かしわ手)
ここも、次回行きたいお店になりました。

その後、河原町辺りを散歩しながら下がり、ホテルへ。
寝る前に喫煙所で撮った写真。
夜中の京都タワー。
b0196467_20462699.jpg


京劇エントランス。
b0196467_20472597.jpg


携帯のカメラも中々やるな…

3日目へ続くッ!
[PR]
by zenrinzi | 2011-06-01 20:50


日々をのらりくらりと綴る日常です。(あくまで主観的)


by zenrinzi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日常
クルマいじり
仏教・保育
外遊び・車遊び
モノ
音楽
未分類

最新の記事

近況
at 2012-11-11 23:37
九重へ。
at 2012-05-03 16:25
にへら。
at 2012-01-21 23:21
なぜ山に登るかって?
at 2011-12-24 23:04
初公開!
at 2011-11-14 20:23

以前の記事

2012年 11月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 08月

フォロー中のブログ

Haikaratai

エキサイト以外のリンク

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧